ランチで糖質の摂取を控えて午後の眠気を防ぐには

2017年1月30日付の日本経済新聞夕刊に、「眠気を防ぐランチ術」と題した記事がありました。その記事によると、午後の眠気を防ぐには、ご飯やパン、麺類など糖質の摂取を控えめにするとよい、とのことです。より具体的には、白米よりも玄米や胚芽米など色付きのものの方がよい、野菜を最初に食べて主食を最後に食べる、食物繊維やたんぱく質をしっかり摂る、デザートは控える、時間をかけてゆっくり食べる、といったことです。
記事に書いてあることはどれも難しくなく、すぐにでも実践できそうなものばかりですが、私は「待てよ、実行に移す前に…」と一瞬考えてしまいました。私はときどき、ランチの後にデザートを食べずにいられなくなることがあります。ランチで食べたものの味が濃すぎると、その反動でついそうなるのです。その後は必ずといってよいほど眠くなります。
だからランチでデザートを控えて眠気を防ぐには、薄味の食べ物を選ぶように心がける必要があると思いました。記事には書いてありませんが、これが私にとって一番有効な方法だといえそうです。全身脱毛 顔